プロフィール

田辺 大樹 (Tanabe Daiki)

Facebook / Twitter

株式会社viviane 代表取締役
1989年、岡山県生まれ岡山県育ち。

岡山市立芥子山小学校、岡山市立旭東中学校を卒業。中学在学中に、年齢にも場所にも縛られず中学生の自分でもビジネスが出来るインターネットに感銘を受ける。自分でも何か始めたいと思い、プログラムを独学し、自力でゲーム情報サイトを運営するようになる。最新の家庭用ゲーム機情報を発信し、一定の広告収入が毎月入るようになる。ゲーム会社から取材依頼が届くようになり、岡山県の片隅で感動する。その後、高校受験が迫りPCに触れることが難しくなりサイトは閉鎖。

岡山県立西大寺高校に入学。学校生活のつまらなさに絶望して遅刻がちになる。遅刻や生活態度について教師からたびたび注意を受けるようになり、さらに絶望してますます遅刻の常習犯になる。昼前に登校する生活にも慣れてくると、何か目立つことをやろうと音楽や映画製作、小説執筆や漫画執筆など様々なことを試みる高校生活を送る。
このまま岡山にいるとつまらない人生になってしまうという危機感から、県外の大学に行きたいと考えるようになる。特に大学で学びたいと思うことはなかったが、だからといって就職したくはないので、関西の大学に行こうと思いつく。遅刻が多いために単位が足りず、補講を受けながら高校を卒業する。学校もあまり行かず成績も悪かったが、浪人をしたところで勉強をするとは思えなかったので、現在の学力で行ける大学はないかと探し、神戸学院大学経済学部に入学する。無事に岡山県から脱出する。

大学在学中にiPhone4が発売され、スマートフォンが日本でも浸透し始めたのをきっかけに、スマートフォン向けの事業を自分で始めたいと考えるようになる。より高度なウェブサービスを開発すべくプログラムを再度独学し始める。飲食店向けのスマホサイト構築サービスや、グルメサービス、学生向け無料ノート配布サイトなど様々なシステムを開発する。
はじめて自分自身で営業を見様見真似でやってみるものの、うまくいかずに心が折れる。それからスマートフォン向けの映画レビューサイトciatr[シアター]を開発。

2012年3月、株式会社vivianeを大阪で設立し学生起業家になるとほぼ同時に大学を無事卒業する。しかし、関西はIT企業がほとんどなく、周囲にベンチャー企業に興味があるような知り合いもいなかったため、東京に出たほうが良いのではないかと考えるようになる。
2012年末に、ソフトバンク創業者の孫正義氏の弟である孫泰蔵氏が代表を務める投資会社MOVIDA JAPANから出資を受ける。「毎週六本木で行うミーティングに参加できること」が投資の条件にあったため、良い機会と考え、拠点を関西から東京に移す。
東京に移ったことで、投資家向けのプレゼンイベントやIT起業家が集まるパーティなどに参加する機会が増え、多くの起業家と出会い刺激を受ける。これまで関西で一人で開発してたところから、様々な人を会社に誘い、映画レビューサービスの拡大を目指すものの苦戦する。銀行などの融資を受けながら社員の給与を支払い、自分は弟のワンルームに居候させてもらうことで生活費を浮かし、耐えしのぐ。

2015年、赤字が続き会社の存続が厳しくなるが、スマートフォン向けの映画情報サイトに注力し始めてから利用者が増加。2017年には月間で750万人が訪問するまでに成長。主に広告収入をビジネスモデルとして収益を拡大し、初の黒字化も達成。

関連サイト
株式会社viviane
ciatr[シアター]